スタッフ巡回中!!


Harley-Davidson 2018 models 全国一斉ディーラー店頭試乗会開

2017/10/3(火)

2018ラインナップから新たにSOFTAILモデルが拡大し、8機種がハードテイルスタイル(リジットフレームの外観でモノサス仕様)に加わりました。
従来のシャーシに比べ軽量化と剛性アップを実現した新しいソフテイルですが、その乗り味もかなり注目されています。

そこで10月7日(土)から9日(月・祝)の3日間(H-D旭川は9日定休のため2日間)、新しくなったモデルから5機種を対象に全国一斉店頭試乗会を実施。
各ディーラーによって試乗可能車種は異なりますが、10/3現在でMJM函館がストリートボブ、MJM札幌がローライダーを予定しています。

さらにMJMでは2017年モデルの同機種との乗り比べも企画中(正式な情報はホームページまたは店頭でご確認下さい)とのことですよ!
道内各ディーラーの詳しい試乗車情報は、ハーレーダビッドソンジャパン公式ホームページからディーラー検索してご確認ください。

http://www.harley-davidson.com/content/h-d/ja_JP/home.html


KTMとHusqvarnaから2018オフロードモデル順次デリバリー開始!

2017/8/3(木)

2018モデルからKTMの250EXCと300EXC(300EXCは国内未導入)に新搭載されるTPIは「トランスファー・ポート・インジェクション」という電子制御燃料噴射システムのことで、
同じグループ企業のメーカーで車体パーツを共通化しているハスクバーナからも、TE250iと300iが2スト・インジェクションモデルとして発売されます。

これらのモデルは新設計スロットルボディに加え、新しいECUや最適な点火タイミングと燃料噴射を制御する各種センサーを内蔵したEMS(エンジン・マネジメント・システム)も搭載。
その結果、あらゆる環境でスムーズにパフォーマンスを発揮することが実証されています。

さらに新設計となるのは、シリンダー・エアフィルターボックス・オイルポンプ・燃料タンクなどで、クロモリ製のスチールフレームにはオイルタンクラインを内蔵。
また、超軽量リチウムイオンバッテリーなども盛り込まれています。

現在は各モデルの予約を道内正規ディーラーにて受付中、デリバリーは9月頃を予定。この秋、ぜひ手に入れたいという方はお急ぎください!

・KTM 250EXC TPI → 1,060,000円
・KTM 250EXC TPI SIXDAYS → 1,190,000円

・Husqvarna TE250i → 1,130,000円
・Husqvarna TE300i → 1,230,000円(ナンバー登録不可)


スノーモビル予約受付のお知らせ

2017/4/21(金)

スノーモビル2018ニューモデルの各メーカー予約受付終了期間は以下の通りです。
詳しくは道内正規ディーラーにてご確認下さい。


・POLARIS → 一次予約終了(詳細は各ディーラーまで)
・YAMAHA → 4/23
・ski-doo → 予約期間終了(各店舗在庫分は要確認)
・arctic cat → 予約期間終了(各店舗在庫分は要確認)


YAMAHA → https://www.yamaha-motor.co.jp/snowmobile/
ski-doo → http://www.brp-jp.com/index.html
Arctic Cat → http://www.arcticcatjapan.com/index.html
POLARIS → 4/1より「ヴィクトリアジェットジャパン株式会社」が取扱中


<< 前に戻る